MENU

引っ越し費用を重視し、サカイに決めました。

 

引っ越し費用をグンと下げる見積もりの取り方とは?

 

大学卒業後、下宿先から実家へ戻るのに引っ越しの業者さんを初めて利用しました。

 

サカイを使ったのは引っ越し費用が他に比べて安かったのと、説明が分かりやすかったからです。

 

パンダの段ボール箱をたくさん持ってきてくれたのですが、
その全ての段ボールに、不慣れな女性の為にガムテープを貼る位置が点線で示されていると説明され、サービスの細かさに感動しました。

 

また、靴下を履き替えるサービスをしてくれるという話でしたが、新築のお家に引っ越される方は嬉しいサービスかも知れませんが、私の場合、築15年超の実家に帰るだけだったので、作業員の方たちが皆さんそろってわざわざ履き替えてくれているのを見て、少し申し訳ない気持ちになりました。

 

とても作業が素早く、トラックへの荷物の積み降ろしの手際の良さに驚くばかりでした。

 

 

引っ越しが初めてだったので、冷蔵庫を空にするのが早すぎて不便な思いをしたり、普段着を段ボールにつめる段取りが悪かったなと思いました。

 

でも、前日までに全て段ボールに荷物を詰めることができたので、当日焦らなくて済みました。

 

大きい棚や、ベッド、テレビなどは業者さんが梱包してあっという間に運び出してくれるので、助かりました。

 

また、タンスなどは、引き出しの中身を出さなくても、そのままで運んでもらえたので、考えていたよりも、実作業は少なかったように思います。

 

業者さんからもらった段ボールには、どこの何が入っているか、と細かく記入する欄があり、始めはそこに細かく内容を書き込んでいたのですが、途中から面倒になってざっくりした内容だけにしたら、後から整理するのが大変でした。

 

値下げのため工夫した事+覚えておくと得する事(アート引越センター)

 

今回はアート引越センターに引っ越しを依頼しました。

 

引っ越し費用をグンと下げる見積もりの取り方とは?

引越す日、偶然に引っ越し先の方から引っ越してくる方がいて、
そのトラックを使えるという事で、費用を安くして頂きました。

 

こういうケースは希にあるみたいですので、
見積りの際帰り便が使えるかは聞いておくべきです!

 

サービスとしては大きな家具を移動する際に家具の周りについたホコリを拭いてくれました。

 

靴はそのまま置いておいたら引っ越し当日にスタッフの方が専用の靴入れに入れてくれました。
食器をそのまま入れられる専用のケースは、引っ越し先で食器棚に入れる時にとても楽でした。

 

また、引っ越した後でも大きな家具の移動をしたい場合は
連絡したらスタッフの方が来てくれるサービスや、段ボールの引き取りサービスもありました。

 

引っ越した当日、新居に照明をつけて頂いたのですが、誤って照明を落とされ割れてしまうトラブルがありました。
しかし、すぐに会社に連絡してほぼ同じ照明が届きました。
対応がとても良かったです。

 

 

引っ越し一括見積りがオススメの理由

 

引っ越し一括見積もりを出されることをオススメします。
色々な会社に見積もりを出してもらって比較する事で値段の差や、サービスの質の違いが分かると思います。
その中で良さそうな数社に実際に家に来て頂いて見積もりを出してもらうと良いと思います。

 

その際に細かな説明もしてもらえたり、見積もりだけで何か特典がもらえたりといった利点もあります。
また費用を他社と比較して、値段交渉をすれば要望に応じてもらえやすいです。

 

新居が決まれば新しい住まいでの家具の配置やクローゼットの使い方を考えてから荷造りをすると、
引っ越し先での荷解きの時に手こずらなくて済むと思います。
また電気や水道の手続きの仕方や、転入届の出し方など諸手続きも忘れずにしましょう。

 

 

 

複数の業者を比較してサカイに頼みました。

 

引っ越し費用をグンと下げる見積もりの取り方とは?

複数の会社に見積りを依頼していましたが、
サカイさんが提示した費用がリーズナブルであるのと特典やサービスがついてていいかなと思い、サカイさんに頼みました。
業者に比較して見積りを取っていると言ったのも効いたのかもしれません。

 

段ボールや布団袋、梱包テープなどが、こちらが必要な数を用意してくれました。
途中段ボールが足りなくなったときも追加で随時もらえたのが助かりました。

 

あと当時はお米をプレゼントという特典がありました。
ちょっとお得な気分になりました。
全体の費用も結構割引してくれたと思います。

 

引っ越しの当日は段取りよくはこんでくれてました。
新居に運び入れが完了したあと、掃除や電球取り付けなどちょっとしたサービスもついていて、安心できました。
次回引っ越しする際もおそらくサカイさんに決めると思います。

 

 

見積り以外に気を遣ったこと

 

引っ越し費用をグンと下げる見積もりの取り方とは?

鍋やお皿などキッチンの固いものやおもいもの、割れ物などはタオルや洋服とせっとで梱包しました。

 

運ぶときに中でぶつかって割れたりこわれたりしないように、ひとつずつ新聞紙でくるんでからタオルや洋服で包むようにつめます。

 

布類とセットで入れる方が重さもあるていど分散されてはこびやすくなります。
同じように本や雑誌も積めていれないようにしたほうがいいです。
重みでそこが抜けたりすると困るので。

 

本類は布類か、かるくて壊れにくいもの、壊れてもいいものと半分ずつの割合で積めた方がよいです。
梱包は普段なるべく使わないもの(押し入れにあるもの)からはじめて、日常使うものはなるべく最後にします。

 

段ボールにはどこに何が入っているかなるべくわかりやすくかいたほうがいいです。
どこの部屋にあった、何をするものかをかくと分かりやすいです。

 

更新履歴